食事制限だけでは健康に良くない

子供の頃からそんなに太っているわけではなく、標準体型でしたが、周囲のスレンダーな体型の友達が羨ましくて、ダイエットに取り組みました。本格的に取り組んだのは20代前半で、おおよそ1年くらい頑張ったと思います。結果は出ましたが、正直言って精神面のつらさが半端なかったです。当時自分の行ったダイエット方法は食事制限と運動でした。食事制限だけでは健康に良くないと思い、筋肉を鍛えるために運動を取り入れようと考えたんです。食事制限では、置き換えダイエットや断食ダイエットなどの、極端にカロリーを減らすやり方はしていません。今までよりも少しご飯の量を減らし、脂っこいものや甘いものを控える程度のものです。

油分を豊富に含む天ぷらやフライ、脂肪分の多い肉を避け、赤身の多い肉に魚、大豆製品などを中心にします。レトルト食品を極力食べず、手作り中心の料理にしたというのもポイントです。野菜をふんだんに取り入れ、ヘルシーな内容を心がけました。運動は室内でストレッチやヨガなどを、外出時はできる限り長距離を歩くようにします。ジョギングやきつい筋トレのようなハードな運動はしませんでしたが、軽く汗が出る程度の負荷のものをほぼ毎日のように実行します。このようなダイエットを始めてみたところ、面白いくらいに体重が減りました。1~2週間くらいでかなり見た目が変わって、いつものジーンズを履くと、ウエストやお尻周りにゆとりが出てきたんです。

効果が出ているのが嬉しくて、その後も一生懸命ダイエットに取り組みました。ただ、チャコッタ解約の口コミを読んで購入して1ヶ月を過ぎた頃から、何となくダイエットに対する義務感が強くなり、毎日同じような食事内容がつまらなく感じてきたんです。たまに外食することがあっても、これを食べたら太るのではないかとカロリーばかりを気にしてしまい、楽しく食事できなくなりました。運動に関しても同様で、飽きてきてはいたんですが、やめてしまえば元の体型に戻ってしまう恐怖が強く、嫌でも続けていた感じです。一緒に暮らす家族も自分が痩せてきたこと、食事の内容が変化したことを心配した様子で、もっと食べたほうが良いとか、少しぽっちゃりしていたほうが健康的だとか、言うことが多くなりました。

結局ダイエットが苦痛になってしまい、約1年でダイエットをやめましたが、その後はリバウンドがきつくてしばらく落ち込んでいました。当時を振り返ってみて、自分では無理のないダイエットだと思っていても、ストレスを感じる方法では失敗する確率が高くなるということがわかったかもしれません。

ぽっちゃり体型とおさらば!

私は昔から食べることが大好きでずっと、ぽっちゃり体型でした。
親や女友達からは「ぽちゃぽちゃして可愛い!」と言われ、ぽっちゃり体型のことを気にしていませんでした。むしろ、私は可愛いと思っていました。その時付いたあだ名は『ポチャ』でした。
しかし、周りの女友達に次々と彼氏ができても私にはできませんでした。

社会人となり、このままではさすがに駄目だと思いダイエットを決意しました。
ネットのロコベール 口コミを見て、食べたものの糖質や脂肪の吸収を抑えるロコベールサプリが良さそうと思って購入。
食事制限やジムが通いもしましたが、長続きはしませんでした。3日くらいは頑張れるのですが、すぐに諦めてしまうのです。目の前に美味しそうな食べ物があると「ちょっとだけなら、いいよね。ちょっとだけなら、太らないよね。」と悪魔が私の耳元で囁くのです。
食べては罪悪感を感じ、そんな日々を過ごしていました。
そんな時、「驚くほど簡単に痩せる!ダイエットサプリ!」と書かれた雑誌の広告が目に入りました。
私は「もぅ、これしかない!」と思い、さっそく注文をしました。
私が試したものは、3食のうち1食だけをサプリに替えるだけでした。他の2食は何を食べても良いので好きなものを思う存分食べました。
サプリだけの食事はすぐに空腹になりましたが、次の食事は好きなものが食べられると思うと我慢ができました。
成果はすぐに現れました。1週間で1キロ弱、1ヶ月後には5キロのダイエットに成功しました。
私のトレードマークだったぽっちゃり体型とも、おさらばしてスリムな体型を手に入れることができました!

防寒も兼ねて着圧ソックスをはいている

デスクワークのためか夕方になると足首がなくなってしまい、足がパンパンにむくんでしまうため好きなパンツがはけません。スキニーぎみなパンツやぴったり目のジーパンなんかを履くとむくんだ足にしっかりあとがついてしまったり、制服からきがえようとしても足がむくんでしまいなかなか入らないなんてことも頻繁にあるので、最近ではワイドパンツやスカートしかはけずに悩んでいます。気に入っている白のパンツやショートパンツをそろそろ履きたいのに履いていけず、いつも同じようなコーディネイトになってしまいます。ワイドパンツの流行りが終わってしまったら、何を履けばいいのか不安です。

冬などは寝るときや仕事中に防寒も兼ねて着圧ソックスをはいているのですが、妊娠中が足のむくみと戦うので、春や夏など蒸れる時期になってくると暑いし臭いなども気になるので着圧ソックスもはけずなにかいい方法はないかなと思っています。夏場は特に水分をとることも多くなるのでさらにむくみもひどくなるので、いい方法があれば教えてほしいです。仕事中にも足首の運動をしたりするのですが、やっぱり夕方になるとむくんだ足になってしまいます。時間があるときには月に1度はマッサージにいってむくみをとってもらうのですがマッサージ師のかたにはむくみはその日のうちにとらないと脂肪になってどんどん足が太くなりますよと脅されます。もともと湯船も苦手だったのですが、むくみをとるために最近では湯船につかって足をローラーでころころするようにしています。効果がこれから出てくればいいのですが。むくみのなくきれいな細い足にとても憧れます。

安心して継続できるのは嬉しい

スキンケアをしても肌表面がきれいになるのは一時的ですし、あまり効果を実感できなことも多いです。なので、体の内側からきれいになることは大切だと実感し、吸う美容液を利用することにしました。超小型のスティックタイプなので、携帯用に持ち運びも便利ですし、ちょっと隙間時間を見つけて吸う美容液を利用することができるので安心です。有害なものは一切含まれていないので、使いやすいですし、ちょっと時間が空いた時に吸う美容液を使った感想は、美白ケアを日常的に行うようになってから、素肌に透明感が出てきれいになったと感じるようになりました。

なかなか最初は吸う美容液に慣れないので抵抗感がありましたが、ちょっと出かけたついでに利用できるし、超小型のスティックタイプなので邪魔にならないのも便利です。自分が好きなフレーバーを楽しむことができるし、メンソールの有無も選ぶことができるので、とても上手に活用すうrことができます。すーっとした心地よさで美容効果も抜群です!吸う美容液に関する口コミで、厚生労働省の指定を受けた添加物を100%使用していると記載があったので、安心して継続できるのは嬉しいです。

体の内側からきれいになることが何より大切になるので、ビタミンCなど積極的に取り入れることで素肌もきれいになり、透明感が出てくるのが実感できるようになりました。吹き出物などが改善したり、肌のくすみが解消されたので持続すると良い効果を発揮できることが分ったので続けています。

時代の流れについて行けない

スマホを持ち始めて、5年。
使いこなしているかというと・・・微妙。
LINEくらいしかしてないなぁ(^^;

あと、カメラ。
デジカメを持ち歩かなくなりました。

インスタとか流行っているし、一時期使おうと思ったんですが、活用方法がいまいちよくわからなくて、というか、私の日常生活に合わなくて、ダウンロードして1回くらいしか経ちあげていません(^^;
最近は、動画を投稿するのとかも流行っているんですね。
テレビで見て「面白そう」と思ったんですが、私の年代だと・・・ねぇ・・・
ちょっと合わないかなぁって思っちゃうんです。
そう言うのを考えずに楽しんでしまえば良いのでしょうが、尻込みしてしまう性格が恨めしいです。

若い子の方が、確実にスマホを使いこなしていますね。
昔はパソコンは大人の物ってイメージだったけど、スマホは高校生くらいの子の物なんじゃないかって思うくらいです。

子供向けのスマホも充実していますよね。
スマホショップに行ったついでに子供スマホおすすめとかを覗いてみると、私でも全然こっちで良いかも・・・と思えるくらいしっかりしています。
きっと、小さい頃からスマホに慣れているから今の子達はスマホの使い方が上手なんでしょうね。
私ももう少し使いこなせるように、見習わなくちゃ(^^)